フコイダンの注意点

健康食品として注目を集めているフコイダンですが、摂取するに当たって注意した方がよいことはあるのでしょうか。ここでは、フコイダンの注意点についてお話します。

フコイダンは免疫力の強化や肝機能の向上、アレルギー症状の軽減など、さまざまな効果が期待されています。しかし、摂取に当たって注意したいのは、フコイダンは食材に含まれる成分の一種であり、薬ではないということです。ですから、健康に問題があるとき、フコイダンだけに頼るのでは限界があるでしょう。

また、フコイダンの効果は、摂取してすぐに実感できるものではなく、ある程度の期間摂取して徐々に表れ始めるものです。健康状態をすぐに何とかしなければならない状況では向いていないといえるでしょう

最後に、フコイダンのサプリメントを選ぶときに注意したいことについてお話します。フコイダンのサプリを選ぶときには、精製純度をチェックし、精製純度が85%以上のものを選ぶとよいでしょう。その際、フコイダンの原料は特に気にする必要はありません。また、低分子のものは体内に吸収されやすいですが、体内での機能性は高分子の方が良いです。よって、低分子か高分子かは、そんなにこだわる必要はないでしょう。

フコイダンの摂取方法

フコイダンの接種方法としては、食品から摂取する方法と健康食品・サプリメントで摂取する方法の二種類があります。ここでは、それぞれの効果的な接種方法についてお話します。

サプリメントの場合、薬ではないので厳格な接種方法というものはないのですが、空腹時に摂取すると吸収率が高まるのでよいようです。朝起きたときや寝る直前などに摂取するとよいでしょう。また、すっぱい果物に含まれるクエン酸や酢などといっしょに摂取すると、フコイダンの複雑な繊維構造がほぐれやすくなり、吸収率を高めることができるようです。

次に、食物から摂取する方法についてです。1日に摂取するとよいフコイダンの目安量は1~3グラムといわれています。海藻の中でも、フコイダンが豊富に含まれているのは「もずく」です。その量は、昆布の15~16倍ともいわれており、乾燥状態のもずく10g当たり2.5gのフコイダンが含まれています。

食材からフコイダンを摂取するなら、乾燥もずくを購入し、毎食3g程度水に戻して酢醤油でうす味を付けて食べるのがよいでしょう。スーパーには手軽に食べられる、カップ入りのもずくが売られていますが、さすがに毎食食べるとなれば値段が張ってしまいます。経済的にもずくを食べたいなら、業務用の乾燥もずくがおすすめ。とはいっても、毎食もずくはちょっと飽きてしまうかもしれません。そんなときは、健康食品を上手に活用するのもよいでしょう。

参考HP→フコイダン
フコイダンサプリメント通販【VENTUNO】です。

フコイダンの効果

海藻のネバネバ成分フコイダン。その健康効果が注目を集めています。ここでは、フコイダンに期待できる効果についてお話します。

フコイダンの健康効果としてまず挙げられるのは免疫力の向上です。フコイダンは、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージといった免疫細胞の活性を高めてくれます。NK細胞は、がん細胞やウイルス感染細胞をやっつけてくれる、たいへん心強い細胞です。フコイダンを積極的に摂取すれば、がんやインフルエンザなどに、よりよく抵抗することができるでしょう。

また、フコイダンによる免疫力向上に伴って、アレルギー症状を緩和できるといわれています。免疫機能が正常であれば、アレルギー反応を引き起こすIgeという抗体の過剰生成を防ぐことができます。花粉症がひどい方には、フコイダンの摂取がおすすめです。

さらに、フコイダンは胃炎の原因となるピロリ菌の働きを弱める作用があります。もし胃にピロリ菌が入ってしまっても、フコイダンがピロリ菌を吸い寄せて体外に排出してくれます。こうして胃をピロリ菌から保護してくれます。

その他、フコイダンには肝機能向上効果、コレステロール低下、高血圧改善などの効果があると言われています。

フコイダンとは?

近年の研究により、さまざまな健康効果が期待されているフコイダン。まちがえてフコダインと呼ばれることもありますが、正しくはフコイダンです。フコイダンはその効果から、サプリメントとして活用する人も増えています。ところで、フコイダンとはいったい何のでしょう?ここでは、フコイダンについての豆知識を身につけましょう。

フコイダンとは海藻のネバネバ成分のことです。昆布やメカブ、もずくなど、ネバネバしています。そのネバネバこそ、フコイダンの仕業です。ネバネバしたものは何かと体に良いというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?山芋やオクラ、納豆などのネバネバ成分である、ムチンやフラクタンなどは、免疫力を高めたり粘膜を強くしたりといった効果が期待されています。

フコイダンについてはまだまだ研究データも少なく、分からない部分も多いのですが、海藻のネバネバも健康促進に役立つという点で例外ではありません。動脈硬化や免疫力の向上など、さまざまな効果が期待できます。また、昆布のカロリーは10gあたり14キロカロリーと大変低カロリーで、水溶性食物繊維も豊富なため、ダイエットにも効果が期待できそうです。

フコイダンを摂取するためには、メカブやもずくを積極的に食べること、また、健康食品として摂取することが挙げられます。こちらのサイトでは、フコイダンの具体的な効果や接種方法、注意点などについてお話します。フコイダンを効果的に摂取し、健康促進に役立てましょう。